アレルギー

アレルギーは変わった病気

東洋医学ではアレルギーは冷えにより、腎臓、肝臓、小腸がダメージを受けることで生じると考えます。

アレルギーの治療は対処療法と共に、冷えを防いで、根本的に身体を変えていくことが大事です。

もし、アレルギーがなくても安心とは限りません。なぜなら、アレルギーは身体から毒を出そうとしているとも言えるからです。

ただし、ホコリや花粉症などのアレルゲン(アレルギーの原因)は人間に害を与えません。だから、これらに過剰な防衛反応である抗原抗体反応を起こし、それが身体に傷害を及ぼすのは、異常です。これが、アレルギーです。

免疫は、本来、身体を病原菌から守りますが、アレルギーになると、無害なものにも反応して吹き出物、かゆみ、くしゃみ、鼻水などが生じます。

だから、アレルギーとても変わった病気なのです。

アレルギーの本当の原因は?

牛乳、卵、ダニ、ペットの毛、ブタクサ、杉花粉、卵、etc。これらは本当にアレルギーの原因なのでしょうか。例えば、花粉症の場合、杉花粉はきっかけであって、本当の原因は人の身体の中にあるのというのが東洋医学の考え方です。

なぜなら、アレルギーになる人とならない人がいるからです。人の身体の中にあると考えた方が合理的なのです。

なぜ、日本人にアレルギーが多い?

ビール、ケーキ、チョコレートなどの陰性のものは、広がる力を持っています。だから、アレルギーにかかる人は上に広がって横長だったり、横に広がってぶよぶよだったりします。

このような体型の人の多くが冷えています。つまり、冷えがアレルギーの最大の原因なのです。だから、冷房、冷蔵庫の普及に比例しアレルギーとなる人が増えてきているのです。

冷えは水毒を引き起こします。水毒とは冷房や冷たい飲食物により「津液(しんえき)」と呼ばれる体内の水が身体の下の方にとどまっている状態です。

元々、全身をめぐる必要がある水が下の方にとどまるので、上は水不足、下は水が溢れています。だから、上は熱く、下は冷えるのです。

アンバランスに上だけ熱するため、花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息などのアレルギーが起こります。

免疫系が変に盛り上がる機能亢進が身体の上の方(胸部、顔面、皮膚など)で起こるのです。

アレルギーと腸内細菌

腸内細菌は身体の中の異物(抗原)です。生体が腸内細菌を異物として認識すると免疫に関わる臓器(胸腺、リンパ節、脾臓など)が刺激されて、免疫系が活発化します。

免疫力は腸内細菌の種類で決まります。善玉菌(ビフィズス菌)が多いと免疫力は強くなります。でも、腸内細菌はバランスが大事です。

悪玉菌や中立菌も腸内細菌全体のバランスには寄与しています。

望ましい環境は、悪玉菌は少し、中立菌はそれより多く、善玉菌はさらに多い状態です。つまり悪玉菌も少しだけど必要なのです。

きっと、悪玉菌も免疫系を刺激するなどの効果があるのでしょう。

腸内細菌のバランスは冷え、ストレス、病気、年齢などにより身体の抵抗力が低下するとくずれます。

すると、小腸の細菌数が著しく増加(特に大腸菌、嫌気性細菌)し、大腸では善玉菌が減り、悪玉菌が増えます。

そして、アレルギーになりやすくなり、便秘などになります。便秘になるのは、免疫力が弱ったり、おかしくなったりするためです。

花粉症

アレルギー疾患になる人が、次第に増えています。花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などは、水の摂り過ぎや冷えが原因で起こります。

病気が起きるきっかけのことを「誘引(ゆういん)」と言います。

例えば、重いものを持ってぎっくり腰になった時、重いものをもったこと自体が、ぎっくり腰の原因ではありません。原因は腎や脾が弱っている身体で、重いものを持ったためです。

この場合の誘引は、重いものを持ったことです。

杉花粉も花粉症の誘引であり原因では、ありません。腎、脾胃、肺が弱り、水毒になっているので、誘引である花粉が作用し、花粉症になるのです。