冷え対策

夏の冷え対策

腰湯や足湯で身体を温め、汗を出すと、冷えの邪気が出ていき、身体も温まり、不要な鉛、カドミウムなどの重金属も体内から排出されます。

*腰湯は半身浴と違い45?47度の熱めのお湯を使います。腰湯と半身浴を同義で使っている人もいます。ここでは同義です。

腰湯のやり方は、37?38度ぐらいのぬるま湯にみぞおちから下だけを20?30分つけておくだけです(手は出しておく)。冬には温度を高めにします。

ぬるま湯に入ると、副交感神経が活発になり、身体が芯から温まります。これにより血液循環がよくなり、鎮痛作用、筋肉の弛緩、冷えや肩こりや腰痛などがよくなります。

冬の冷え対策

身体にとっては、冬は冬らしく、寒い方がよいです。

冬、腎臓はパワーがアップします。この寒い時にパワーを蓄えているのです。

もし、冬に過剰な暖房やスポーツ、厚着、飲酒、暴食などをして、たくさん汗をかくと皮膚から陽気が出て、陰気(腎気)も弱くなります。

冬に暖かい部屋で、ビールを飲んだり、アイスを食べるのは発汗と冷えで腎臓を痛めつけていることになります。

冷たいビールを飲んでも、酔うと身体が温かくなると感じます。しかし、これは皮膚の表面だけで身体の中は冷えています。

もし、冬にお酒を飲むならば、お酒を温めてお燗にしたり、お湯割りなどにするといいです。その方が身体は温かくなります。ビールやオンザロックはなど冷たいものは、ダメです。またお酒のおつまみは、消化が良くてミネラル豊富なものを摂りましょう。

身体を動かす

制服などがスカートで、冷房が効いている部屋にいる場合、エレベーターなどを使わずに階段を使うなどしてなるべく身体を動かすようにします。特に腰と脚は冷えの影響を受けますから注意しましょう。

下着は2枚

女性にとって腰を冷やすのがもっとも悪いことです。なぜなら、婦人病の原因となるためです。

月経不順、月経痛、月経前緊張症、膣炎、膀胱炎、子宮筋腫、子宮内膜炎などの原因はすべて冷えです。

下着を2枚はくことで、冷え対策になります。下着は、お腹からお尻まで包んでくれるものがベターです。ガードルはきついのでダメです。

1枚目は小さめのもので、もう1枚は太ももまでのスパッツがいいです。

この下着の2枚履きは、夏に限らず冬も行うようにします。

ストッキングをはかない

ストッキングははくとむれるので、なるべく、はかないようにしましょう。

汗を出す

自然に四季があるように、人間の身体の中にも四季があります。夏は夏らしく暑く、冬は冬らしく寒くて普通です。

夏なら、最低1日に1回は汗を出すといいです。

汗をかくために、スポーツ、サウナ、足湯、腰湯などがオススメです。

汗を適度にかけば、熱が体内にこもらず、元気に過ごせるので、冷えにも効果があります。

足湯のやり方(2種類)

1、バケツなどにお湯を高さ10cmほどに注いで、足を浸します。あまり熱いお湯は使わず、慣れてきたら、お湯の温度を上げます。10?20分ぐらい浸して足が赤くなったら終わりです。

2、1と同様にお湯を高さ10cmほどにして、足を浸します。足が温まったら、水のバケツに足を入れて冷やします。これを3?4回、20分ぐらい繰り返します。最後に冷たい水に入って終わりです。

足湯の効果

足湯は身体が温まるだけでなく、汗が出るまでやると風邪も引きにくくなります。また不眠なども解消されるので、よく眠れます。また疲労も回復するのでオススメです。

水毒

肉食中心の欧米人と違い、日本人は水分の多い穀類や野菜中心の食事をして、湿度の高い気候の場所に住んでいます。ですから、欧米人と比べると水毒になりやすいのです。

水毒は冷やさない

水毒になりやすい日本人にとって、水毒とならないためには、「冷えないようにする」のが一番です。

そのためには、スポーツで汗をかいたり、足湯や腰湯をしたり、温かい食事を摂るのがよい方法です。