食物には陰と陽がある

果物は陰、肉や魚は陽

暑い季節、暑い場所には陰性の植物ができて、寒い季節、寒い場所には陽性の植物ができます。

そのため、夏や暑い国では、季節のものや土地の野菜や果物を食べると身体を内側から冷やし元気になれます。また、逆に、冬や寒い国で、季節のものや土地のものを食べると身体を温めてくれます。

食物の陰陽表

下記のリストで、上にある食物ほど陰性が高く、下にある食物ほど陰性が低くなっています。

陰性高

バナナ、パイナップル、キウイ、プルーン、スイカ、メロン、イチゴ、ナシ、カキ、みかん、清涼飲料水、人工甘味料、食品添加物、化学調味料、砂糖、菓子、牛乳 キュウリ、トマト、ナス、もやし、ごぼう、セロリ、レタス、アスパラ、ほうれん草、春菊、白菜、大根、こんにゃく、日本茶、コーヒー、中国茶、アルコール、洋酒、ビール、マヨネーズハチミツ

昆布、海苔、わかめ、ひじき

牛肉、紅茶、番茶

カニ、タコ、あさり、しじみ、日本酒、焼酎

ぶどう、いちじく、ビワ

ブロッコリー、小松菜、キャベツ、カリフラワー、じゃがいも、さつまいも

牡蠣、イカ、ひらめ、しゃけ、鯖、豆類、穀類

鳥肉、豚肉、

モモ、リンゴ、さくらんぼ、霊芝、干しぶどう

ニンニク、しその葉、ネギ、らっきょう、パセリ、ししとう、ピーマン、ニンジン、ハス、山芋、玉ねぎ、切干大根

エビ、しらす、アジ、イワシ、カツオ、ウナギ、ナマコ、香辛料、梅干し

鶏卵、鯨肉、羊肉、塩辛、うに、すじこ、チーズ、数の子、たくあん、味噌漬け、くんせい、塩、味噌、醤油

陰性低

冷え性の人は温野菜を食べるようにしましょう

スイカやトマトやキュウリなどの陰の食べ物を食べると尿がよく出ます。これは、体内の温かい水分がよく排泄されることで、身体が涼しくなるということです。

そのため夏にトマトやキュウリを食べることは理にかなっています。

ですが、冷え性の人の身体は1年中冷えているので、夏でも生野菜や果物は摂らないほうがよいのです。

冷え性の人にオススメなのは、温野菜のサラダです。

カリフラワー、ブロッコリー、ニンジン、ピーマン、玉ねぎ、もやし、ごぼうなどの温野菜をサラダにして食べるのがベターです。

陰性の食べ物であるごぼうやもやしでも、熱を加えれば陽性に近づきます。また白菜やキャベツも同じです。

酢は陰性なので控えめにして、身体を温める生姜、ニンニク、しその葉などを食べるとよいですね。

*油で炒めたり、茹でたり、煮たりすると陰のものが陽のものに変化します。化学物質や添加物は極めて陰性で、電子レンジも陰性。天日干しは陽性です。

果物は野菜以上に冷える

果物は野菜よりも冷えるだけでなく、ナトリウムやマグネシムが多く、たくさん食べると体内のカルシウムが奪われ骨が細くなったり、歯が悪くなって老化が促進されます。

また、内蔵は下垂して、喘息、花粉症、アトピーなどのアレルギーになりやすくなりす。

果物はいろいろなよい面があります。例えば、ぶどうは毒素を出し、スイカは利尿作用があります。

しかし、どんなに身体によい果物でも食べ過ぎるとよくありません。冷え性の人は特に果物を控えるようにしましょう。

甘いものは身体を冷やす

甘いものは身体を冷やします。甘いものは、美味しいために魅力的ですが、人によっては、毒になることもあるのです。

果物は甘さがあって、たいていは、陰性です。砂糖の原料であるサトウキビは、南の方、例えば日本なら沖縄とか、海外ならキューバなどです。

サトウキビは、暑い地域で育つので、極めつけの陰性なのです。しかも精製された砂糖ならさらに悪くなります。